不正出血と女性の身体のサイクル

★体の中に海がある? - 不正出血と女性の身体のサイクル

現在、日本の社会ではグレゴリオ暦が広く用いられている。これは日曜日に始まる7日間を1週とし、ひと月を28(閏年は29)30,31の言ったバラつきのある日数に定める太陽暦の1種である。

対して、月が満ち欠けする朔望の1周期をひと月とする暦を太陰歴と言う。

現在でもイスラームの断食に用いられる暦ヒジュラ暦が太陰暦としてよく知られている。

陰とは、物事を作り出す陽のエネルギーの対立概念であり、日に対する月、地上に対する地下、水、女性性等物事が減衰して鎮まっていくときのエネルギーの総称である。

朔(新月)から始まる月の満ち欠けは地上の水の潮位変化とそれによって体の大半を構成されているすべての命に大きな影響を及ぼす。

女性が初めて迎える月経を初潮と言うが、これは周期的に起るその様を海水の満ち引きに例えたものである。

私たちの骨格のうち、上半身と下半身を繋ぎ子宮、卵巣、膣、膀胱などを内側に擁する部位を骨盤骨と言う。

骨盤骨は左右に分かれ、恥骨結合と言う部位によって繋がっている。この恥骨結合の動きは出産のためのものなので、女性の方が男性より開く幅が大きい。

身体全体の動きが妊娠準備に向かっていく生理終了後から約2週間後(平均値)の排卵にかけては骨盤がしまる。

これを高潮期と言う。対して、妊娠の可能性が無くなり、蓄えた栄養を捨てる指示が脳から出される後半2週間は徐々に骨盤が緩み、開いていく。

これを低潮期と呼ぶ。極々標準的な月経周期を持っている人は朔望とほぼ同じ(どの月齢に高潮期になるかは人による)骨盤開閉のパターンを持っていると言われている。

-不正出血と女性の身体のサイクル