不正出血と女性の身体のサイクル

★月経と女性ホルモン - 不正出血と女性の身体のサイクル

ホルモンとは「活性化しむるもの」の意を持ち、私達の身体の中に分泌され、各器官の動きを調整する物質のことである。

他に食用の動物の内臓をホルモンと呼ぶがこれは「放る(関西方面で捨てるの意)もん」から派生した言葉であり、生理現象とは全く関係がない。

因みに、月経を司る卵胞ホルモン、黄体ホルモンは身体の中で生成されるものであり、人工的に生成されたものでもない限り体外から摂取することは不可能である。

豆乳のイソフラボン、マメ科のプエラリアのフィトエストロゲンなどは卵胞ホルモンとよく似た働きをすると言われているが、あくまで代用品であって女性ホルモンその物ではない。

卵胞ホルモンことエストロゲンは、排卵を促すホルモンである。また、卵子用ベッドこと、子宮内膜を分厚くする役割も持つ。

排卵しても精子と出会えず着床(卵子が子宮壁に定着すること)しなかった場合は時間経過と共に、卵子の質が落ちていくため体はそれを捨てるように指示を出し、やがて使われなかった子宮内膜も捨てて新たに妊娠の準備をやり直すように促す。

これが月経だ。エストロゲンが未成熟の卵子を育てるホルモンならば、黄体ホルモンは受精した卵を守り、着床させ、体外に排出されないようにする役割を持つホルモンであり、排卵を境にエストロゲンよりも優位に立って活動する。

黄体ホルモンが分泌されている時期は妊娠できないため、外見、行動ともに女性らしさが失われる。

きれいを作り出すためにはエストロゲンが元気な時期を長くすることが必要だが、出過ぎると子宮内膜をまったく関係のない場所に作り出し内膜症を起こすことがあるので要注意だ。

-不正出血と女性の身体のサイクル