不正出血と女性の身体のサイクル

★正常な月経とは - 不正出血と女性の身体のサイクル

月経は体がある程度成熟し、妊娠可能になった女性ならば誰でも経験することである。

経血は体が不要になったものを捨てた結果であるので、本来生理は来たら喜ぶ(発汗と一緒で1番お金がかからないデトックス。

正常に生理が来た後は身体のラインや肌が整うので羨ましいと言う男性も)べきなのだそうだ。

しかし、経血は見た目や匂いが強烈な印象を与えるうえ、生理イコール性にまつわる不浄でいやらしい話と言う見方をする人が未だ多く、自分の月経についての疑問を人に聞けない、また、月経によるトラブル(経血過多の人は外で血だらけになってしまうことがある)が起きても誰にも助けを求められず状況を悪化させてしまうことがある。

女性の多くが正常な月経とは何かを知らないことが各婦人科疾患の発見を遅らせていると言う指摘もある。

標準的な月経周期は3週間から5週間前後だと言われている。

また、平均的な経血量の目安は各メーカーが発売している生理用品を正しく装着した状態で受け止めきれる量だ。

自分の月経量と言うのは中々把握できないものである。女性がワンクールの月経で排出する経血の量は多くの場合、100グラム以内(多くても1日30グラム程度が正常域)におさまると言われているが、まさか生理用品をはかりにのせて量るわけにもいくまい。

現実的には量よりは粘度や塊の有無等性状の方が観察しやすいようだ。月経の周期、経血の量、色などは個人の体質や、その時の体調、直前の行動などによって目まぐるしく変化することがある。

そのため正常値から少し外れた程度で大騒ぎをする必然性はないが、不安や不快感がある状態では普段の生活もままならないので早期に受診することをお勧めする。

-不正出血と女性の身体のサイクル