不正出血のキーワード

★帯下とは - 不正出血のキーワード

読者の皆様には「こしけ」と言う言葉をいきなり言われてもなんだか分からないと言う人が多いだろう。

しかし「おりもの」ならばすぐさまピンとくるのではないか。

帯下、おりものは女性器を摩擦や細菌感染から守るために分泌される液体の量が1時的に増えることによっておこる現象である。

帯下として出る液体の正体は、子宮内膜とそれにつながる子宮頸管、そして子宮と外界を繋ぐ膣から分泌される液体が混ざり合ったもので、ph値は妊娠可能な時期以外は弱酸性を示す。

帯下の多くは、ホルモンバランスの変化や精神的な興奮等病的でない事由によっておこるものであり、おりものが多いからと言って不衛生、病気と言うわけではない。

ただし、帯下の状態は内性器の粘膜の状態をよく物語るものなので、常に様子を観察(おりものシートを使うとよい)し異臭や塊がないかを確認したい。

よく気になって外陰部を石鹸でごしごし洗ってしまう人がいるようだが、石鹸のアルカリ性は膣やその周辺組織に棲みつく善玉菌、乳酸菌の働きを弱めてしまう上に、摩擦で周辺組織を傷つける恐れがある。

デリケートゾーンはぬるま湯を使って優しく流す程度にとどめ、帯下が多く気になる場合にはビデを使って洗浄するようにしたい。

帯下はその色によって、白帯下、黄帯下、赤帯下の3つに分けられる。赤帯下は殆ど不正出血と同義の言葉で、分泌液の中に血液の色素が混じり、空気に触れることで茶(赤)褐色になるものである。

白くとも固まってボロボロ崩れる帯下が出る場合は感染症の兆候だと言われているので気が付いたら即受診するようにしたい。

-不正出血のキーワード