不正出血の乗り切り方

★気にし過ぎは禁物 - 不正出血の乗り切り方

女性器からの出血は、生理期に起きるもの以外はすべて病的なものだと思われがちである。

しかし、経血のもととなる子宮内膜は比較的剥離しやすいため排卵期前後にホルモンバランスが崩れると出血してしまう女性も多い。

出血が1回限りで痛みもなく数日でやむ程度ならばおりものシート等で対応し、暫く様子を見ても差し支えないそうだ。

ただし、量が多く血塊がある、もしくは逆に粘度が薄すぎて出血が止まらないと言う場合は何らかの異常が起きていると思われるので病院を受診してほしい。

女性器周辺からの出血でよく有るケースのひとつに性行為後の出血がある。

突内壁に傷をつけてしまうために起ると言われており、多くの場合はすぐに出血が止む。

これは接触出血と呼ばれる物で、膣炎等によって膣内壁の粘膜が脆くなっていることなどが考えられると言われている。

ただし、膣がもともと狭い人や精神的なストレスで体が緊張している状況にある人などは病気がなくとも出血することがある。

強い性交痛がある場合は婦人科の医師に相談してほしい。潤滑剤の処方をしてくれることがある。男性側も体調が悪い相手に無理強いをしない等の配慮をしたい。

性行為後の出血と言えば処女膜の破瓜によるもの(これも広義の不正出血)が想起されるかもしれないが、処女膜は多くの人が想像するような鼓膜のように薄い膜ではなく、膣の入り口についた輪っか状の襞のことである。

人によって形状が違い、完全に閉じている場合は生理時に血液が体外に出ず子宮内に溜まってしまい激しい痛みの原因になることもあるため切開することもあるようだ。

出血がないのもまた、大変なことなのである。

-不正出血の乗り切り方