不正出血の対処法

★月経の記録をつけよう - 不正出血の対処法

女性の身体の不調は記録をつけることによって起きる時期、起きやすい環境を事前に知り、対処することができるといわれている。

基礎体温や帯下量の変化などは婦人科医が患者の身体の奥底に隠れている疾患を見つける大きな手がかりになる。

基礎体温表は、各生理用品メーカーや婦人科医の公式ホームページ等から簡単にダウンロードし、印刷できる。

ダイエットの記録を一緒につけられるものや、可愛いキャラクターが描かれているものなどさまざまな種類があるので好みに合わせて選んでいただきたい。

また、携帯電話や、スマートフォンの無料、もしくはアプリケーションによる月経管理は操作法が分かりやすく、入力できる情報量も多いので、書き込みたい情報の量が多い人にはお勧めだ。

不正出血に併せてイライラ、気分の落ち込み、周囲への暴言等精神症状いわゆる血の道症の症状が強く表れている人は日記も一緒に書くことをお勧めする。

この日記には、体調、その日したこと、その日食べたもの等極々一般的な日誌としての内容のほか、体温、血圧、脈拍などのバイタル値、受診時の医師との会話、薬の処方内容と実際に飲んでみた時の様子も記入するとよい。

また、新しい生理用品を使い始めた時には、価格、使った後の肌の状態や、経血の漏れがあるか無いか、経血量の変化等を詳細に記録しておくと、次の生理の時に参考になる。

体質の似ることが多い親族で不正出血の治療の記録をつけている人がいる場合は事情を話して見せてもらい、自分の記録と比較してみると対処法が分かりやすいようだ。

-不正出血の対処法