*

「 不正出血 」 一覧

不正出血について、はじめに

月経は卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの周期的な分泌量の変化によっておこる女性特有の生理現象である。 年齢や通常、このホルモンの増減は、約4週

続きを見る

不正出血 カテゴリー コンテンツ一覧

不正出血TOP 不正出血について、はじめに 不正出血 カテゴリー コンテンツ一覧 不正出血の基礎知識 不正出血とは 不正出血の症状 不正出血の原因 不正

続きを見る

不正出血とは

月経は、古事記、聖書と年代の古い歴史的資料にも記述がある女性ならではの生理的現象である。 月経期の約1週間は性器周辺から出血があるが、 これは妊娠のために子宮内膜に蓄えられた栄養と

続きを見る

不正出血の症状

不正出血の主症状は、やはり出血である。 疾患によっては、他に下腹部の痛み、下腹部に触った時に張りやしこりを感じることもある。 腫瘍ではなく、血流が滞って筋肉が緊張したことによっ

続きを見る

不正出血の原因

「もしかしたら病気かもしれない」最初に不正出血が起きた時には誰しもそう思って慌てるものだ。 しかし、不正性器出血の原因は人によって違い、対処法が異なる。 不正出血には子宮、卵巣

続きを見る

不正出血と婦人科疾患

病的な器質性出血を引き起こす疾患には、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がん、性感染症による膣炎等があると言われている。 また、卵巣、子宮、膣自体には問題がなくとも、薬剤の副作用等で出血し

続きを見る

不正出血の受診科

女性特有の月経、妊娠、それに関わる疾患を診察する科が婦人科である。 不正出血は女性にしか起きない現象であるため、受診すべき科はまずこの婦人科となる。 多くの場合、妊娠した女性と

続きを見る

不正出血と年齢

よく似た症状が出ていても、不正出血の裏側に隠れた疾患がある危険度は年齢によって異なると言われている。 適齢期にならないと、精子を作れない(生まれた時には精巣は体の奥深くにあり、成長す

続きを見る

体の中に海がある? – 不正出血と女性の身体のサイクル

現在、日本の社会ではグレゴリオ暦が広く用いられている。これは日曜日に始まる7日間を1週とし、ひと月を28(閏年は29)30,31の言ったバラつきのある日数に定める太陽暦の1種である。

続きを見る

月経と女性ホルモン – 不正出血と女性の身体のサイクル

ホルモンとは「活性化しむるもの」の意を持ち、私達の身体の中に分泌され、各器官の動きを調整する物質のことである。 他に食用の動物の内臓をホルモンと呼ぶがこれは「放る(関西方面で捨てるの

続きを見る

不正出血と妊娠

現在、パートナーがおり相手との子を望んでいる人は自分の月経に特に気を配る必要がある。 受精した卵子が着床すると、黄体ホルモンが働いて子宮内膜を保持し流産を防ぐようになるので、月経は来

続きを見る

正常な月経とは – 不正出血と女性の身体のサイクル

月経は体がある程度成熟し、妊娠可能になった女性ならば誰でも経験することである。 経血は体が不要になったものを捨てた結果であるので、本来生理は来たら喜ぶ(発汗と一緒で1番お金がかからな

続きを見る

不正出血と女性器の構造

生殖器の構造は性によって大きく異なる。 日本神道の記録である『古事記』の冒頭は、男性であるイザナギノミコト、女性であるイザナミノミコトが互いに柱の影から呼び交し、国生みをする場面から

続きを見る

男性にも、生理は有るの? – 不正出血と女性の身体のサイクル

月経によって出血がおこるのは、卵巣と子宮を持つ女性特有の現象である。 男性にとって生理は未確認飛行物体UFO、ヒマラヤの雪男、ソロモンの指環以上の謎であり、禁忌である。 パート

続きを見る

月経異常とは – 不正出血のキーワード

月経の様子は女性の身体の健康状態を表すひとつの指標となる。 月経異常と呼ばれるものには、周期の異常、月経の質および量の異常がある。 狭義には、月経自体の異常のことを示す言葉だが

続きを見る

不正出血と経血量

どのような要因が切掛けになっているにせよ、不正性器出血によって排出される血液の量は通常の月経時の経血量に比べて少ないかほぼ同じ程度であることが多い。 不正出血であるにも関わらず量が多

続きを見る

不正出血と経血の色

例え、自分のものであっても経血もしくは帯下の外観や匂いは嫌悪感を人に生じさせるものであり、あまり見たくないものである。 読者の方も手洗いで生理用品を変える際によくみずに丸めてサニタリ

続きを見る

帯下とは – 不正出血のキーワード

読者の皆様には「こしけ」と言う言葉をいきなり言われてもなんだか分からないと言う人が多いだろう。 しかし「おりもの」ならばすぐさまピンとくるのではないか。 帯下、おりものは女性器

続きを見る

不正出血と性感染症

痛みは、肉体もしくは心からの緊急救助要請である。 痛みが引き起こされる原因は、外部からの刺激による神経の圧迫および切断、内部組織の損傷、表皮、及び内部筋肉の痙攣による引き攣り等が挙げ

続きを見る

不正出血と月経痛

痛みは、肉体もしくは心からの緊急救助要請である。 痛みが引き起こされる原因は、外部からの刺激による神経の圧迫および切断、内部組織の損傷、表皮、及び内部筋肉の痙攣による引き攣り等が挙げ

続きを見る

血の道症とは – 不正出血のキーワード

近年、漢方薬の理論と西洋薬の理論を組み合わせて開発された薬やサプリメントが薬店、薬局の店頭に並ぶようになった。 漢方と言うと東洋の薬、現在よく使われている薬は西洋のヒポクラテス医学に

続きを見る

まずは婦人科を受診しよう – 不正出血の対処法

不正出血は女性の身体に起きる現象の中でも月経や急激な体重の増減(骨盤が開く低潮期には増えやすくなる人が多い)やむくみなどと並んで比較的頻度が高いポピュラーな現象である。 月経自体の経

続きを見る

良い病院の探し方 – 不正出血の対処法

勇気を出して婦人科を受診し、不正出血を本格的に治療したい人にとって難関のひとつとなるのが病院選びである。 内科や呼吸器科、耳鼻科などは普段から受診することが多いが、妊娠や大きな月経ト

続きを見る

不正出血の治療法

不正出血の治療における最優先事項は、出血を止めることであると言われている。 仮に、出血の裏側に隠れているものが、体調変化によるホルモンバランスの崩れであったとしても貧血や陰部の過度の

続きを見る

不正出血と低用量ピル

ピルpillとは本来、薬剤の有効成分にでんぷんや味を改善するための糖を加えて固めた錠剤を示す単語である。 しかし、現在では本来の語意ではなく、公の場では声に出すことが躊躇われる経口避

続きを見る

不正出血と漢方薬

漢方の考え方では、不正出血は体が出血を止める力が無くなることによって起きるとされている。 大まかに分けると、消化器官が冷えて力(気)を失い、それまで抑えていた子宮内膜の剥離を抑えられ

続きを見る

月経の記録をつけよう – 不正出血の対処法

女性の身体の不調は記録をつけることによって起きる時期、起きやすい環境を事前に知り、対処することができるといわれている。 基礎体温や帯下量の変化などは婦人科医が患者の身体の奥底に隠れて

続きを見る

気にし過ぎは禁物 – 不正出血の乗り切り方

女性器からの出血は、生理期に起きるもの以外はすべて病的なものだと思われがちである。 しかし、経血のもととなる子宮内膜は比較的剥離しやすいため排卵期前後にホルモンバランスが崩れると出血

続きを見る

そのケア間違ってない? – 不正出血の乗り切り方

女性の身体に月経による出血が起きるのはおおよそ1週間ほど(個人差有)のことである。 しかし、この1週間とその前後の過ごし方によって女性の健康は保たれたり損なわれたりしてしまう。

続きを見る

厳禁、冷えとストレス – 不正出血の乗り切り方

平熱を持ち、常に体内に温かい血液が循環している恒温動物である私達にとって、冷えは最大の敵である。 身体が冷えると血管が収縮し、全身に血液がいきわたらなくなる。 必要な酸素と栄養

続きを見る

月経痛との付き合い方 – 不正出血の乗り切り方

月経痛は人によって痛みの強さが違い、同じ女性にも中々分かってもらえない辛い症状である。 不正出血がある人の中でも子宮内膜症の患者はしばしば強い月経痛を起こすことがあり、痛みのあまりに

続きを見る

貧血の対処法 – 不正出血の乗り切り方

新約聖書の『マタイ伝』『マルコ伝』『ルカ伝』には出血が12年間続く女がイエスの服に触れた瞬間に出血が止まったと言う治癒物語がある。 古い訳では「長血」と表記されるが、これはおりものに

続きを見る

adpc

adpc

kounenki00
更年期 症状 について、はじめに

女性にとっては辛い更年期症状なのですが、どちらかといえば更年期

pic_g063
更年期 症状豆知識

更年期とは?、 男性にもある更年期、 産後の体と更年期の体

pic_g062
更年期 症状が起こる原因

女性ホルモンの不足によるもの、 自律神経失調によるもの、

pic_g058
更年期 症状現れ方

肩こりしやすくなる、 疲れやすくなる、 頭痛がおこる、

pic_g059
更年期障害の治療

受診する科、 ホルモン療法、 漢方薬による治療、 抗うつ

→もっと見る

  • 女性をテーマにした美容・健康・病気など、様々な関連することを分かりやすくまとめてみました。
    アクセス頂いた方にお役立て頂ければ幸いでございます。
    運営責任者 : nonnon
    お問い合わせ

  • バナー原稿 300×250_b (140131)imp
PAGE TOP ↑