不妊症TOP

★不妊症について、はじめに

最近は、「不妊症で悩んでいる」という方が増えてきています。

テレビや雑誌などでも、不妊症に関するニュースを目にすることも増えてきましたよね。

「自分は、不妊症なんて関係ない」と思っていた方が、いざ妊娠を望んだ時に、「なかなか妊娠しない」という方もいます。

現在では、10組に1組の夫婦が不妊症で悩んでいると言いますから、かなり多くの方が、不妊症で悩んでいるということになります。

そもそも、不妊症とはどういった状態のことをいうのでしょうか。

不妊症の定義は、子供を望み、避妊などをせずに性生活をしっかりと送っていても、2年以上妊娠しない場合をいいます。

通常、子供を望んだ場合には、1年以内に妊娠する方が約80パーセント以上、2年以内には約90パーセントの方が妊娠しているといいます。

2年以上経っても、妊娠しないという方は、不妊症の可能性があるということになります。

子供が欲しいのに、なかなか出来ないというのは、やはり辛いものですよね。

以前までは、不妊症は女性側に原因があるといわれていましたが、今では男性側が原因となっていることも分かってきています。

割合では、半々といわれていますから、どちらが原因かは、検査を行ってみなくては分かりません。

中には、男女ともに問題はなくても、夫婦の適合性が合わずに、妊娠出来ないということもあります。

そう考えると、不妊症というのはかなりデリケートな問題といえそうですね。

不妊症で悩んでいる方の中には、子供が出来ないことがストレスとなっている方も多くいます。

そのストレスは、逆に不妊症の原因となってしまうこともあります。

「早く子供が欲しい」という気持ちは分かりますが、自分で追い詰めてしまうのも逆効果。

不妊症と判断されても、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんを望むことも大切といえるでしょう。

不妊症の治療などが原因で、離婚へと至ってしまうケースもありますから、こうなってしまうと夫婦としての意味も分からなくなってしまいます。

不妊症で悩んでいる方は、まずは焦らず、追い詰めず、ストレスを貯めない様にすることも大切といえるでしょう。

-不妊症TOP