不妊症との因果関係

★不妊症とタバコとの関係

不妊症で悩んでいるご夫婦の中には、男女ともにタバコを吸っているという方も多いと思います。

今は、少しずつ禁煙する方が増えてきていますが、中には「なかなか、禁煙出来ない」という方も多いでしょう。

意外にも、喫煙というのは不妊症と深い関係があるんですよ。

例えば、女性の場合には喫煙により、子宮着床障害や卵管障害を引き起こしている可能性もあります。

男性の場合には、喫煙により精子の数が減ってしまっていたり、精子の運動能力の低下を引き起こしてしまっている可能性もあります。

更には、精子の奇形の量が増えてしまっている可能性もあります。

「子供が欲しい」と望んでいるご夫婦の場合には、男女ともに禁煙を行うことが好ましいでしょう。

その他、一緒に暮らしている方がタバコを吸っている場合にも、タバコの煙により影響を及ぼすこともあります。

不妊症の方は、出来るだけタバコの煙を吸わない様にすることも大切といえるでしょう。

もしも、めでたく妊娠したとしても、タバコを吸ってしまった場合には、胎児にも影響を与えてしまうことになります。

先天的異常を来してしまう可能性もありますので、妊娠後にもタバコは吸わない様にする必要があります。

タバコは、体には良いものではありませんから、健康な赤ちゃんを授かるためにも、喫煙者は禁煙を行う様にしましょう。

喫煙することも、不妊症対策のひとつと考えれば、辛い禁煙も乗り切ることが出来るのではないでしょうか。

-不妊症との因果関係