不妊治療 排卵と不妊治療

★不妊治療はいつから始める

不妊症のコンテンツ一覧 排卵のコンテンツ一覧

妊娠しにくい女性が増えて、不妊治療を受ける人が急増しています。

昔は妊娠できないという人は本当に僅かで、子供のいない夫婦はあまりいませんでした。

それと、結婚して2、3年が過ぎて赤ちゃんが出来なくても、それほど心配していませんでした。

2、3年で出来なければ5年目で出来るとか、あるいは7年目でできるとか、根拠はなくてもまことしやかに言われて、そんなものかと納得していました。

現在は結婚して2年で不妊と診断されて治療を始めています。

昔の人間とすれば「2年で不妊と診断するのは早過ぎ!」と驚いたものですが、
しかし、結婚する年齢がすでに年齢が高くなっていることが多いこともあり、早めに不妊治療を受けた方が良さそうです。

妊娠する時点で両親ともに若い元気な時の子供の方が優秀な子どもが生まれる確率が高いとも言われました。

そして優秀なプロ野球選手が生まれたときの両親の年齢が並べられた週刊誌もありました。

たしかにその時に親の年齢が20前後という、とても若い年齢ばかりでした。

もう、30年も前のことになりましたが、このような事実もありました。

現在の不妊治療は、治すというよりも補助をして助けるという意味合いで行われていると言います。

不妊治療は、人工授精とか体外受精などをすぐに連想してしまいますが、
妊娠しなくて悩んでいるときに、医療の力を借りて妊娠するという感じで行われているようです。

「もしかして自分は不妊?」と悩んでいるよりも、検査だけでも受けてみることをお勧めします。

-不妊治療, 排卵と不妊治療