不妊治療 排卵と不妊治療

★不妊治療の病院選び

不妊症のコンテンツ一覧 排卵のコンテンツ一覧

不妊治療を受けたいと思う時、どこの病院へ行ったらいいのか迷います。

近所に選ぶほど病院がない場合もありますし、仕事を続けながら病院通い世となるとそれほど選んでいる余裕はない場合もあります。

今は共働きが多く子供がいても共働きをするぐらいですから、子供ができるまでは仕事を続ける人が多いので、仕事との両立もネックになる場合もあります。

まだ完全に不妊かどうかわからない、でも、検査だけでも受けてみたい場合は近くの通いやすい産婦人科を受診して、そのうえで高度な不妊治療が必要だったら、不妊専門クリニックや不妊外来の専門の科がある病院に変えることをお勧めします。

やはり専門の機関の方が、医療技術も優れているといえます。

また、不妊治療といっても今は様々な病院やクリニックがあり迷うと思います。

大まかに分けて
【大学病院や総合病院】
【産婦人科や個人病院】
【不妊専門クリニック】などに分かれます。

大学病院では産科があれば妊娠後も引き続き通えます。

そして、持病のある方やお産に心配なことがある方は総合病院の方が他の科と連携が取れて安心でしょう。

医療設備が充実しているのもいいですね。

ただ、担当医が時々変わったりすることもあるようですし、診察時間が限られていて通いにくいというデメリットもあります。

産婦人科や個人医院は、産科があれば引き続き通えますし、自宅の近くなら見つけやすいし、通うに近くて便利です。

もちろん担当医はいつも同じ先生です。

ただ、不妊治療に詳しい医師がいないかもしれませんし、体外受精などの高度な技術はできない場合が多いです。

不妊専門クリニックは、不妊治療が専門だけに治療水準もそれなりに期待できると言いますし、体外受精もうけられるとか。

カウンセラーがいるところが多く相談しやすいとか、夜間診療や長時間の診察時間など、クリニックならでは良さがあるのですが、都市部に集中しているため通うのに不便という問題もあります。

-不妊治療, 排卵と不妊治療