不妊治療 排卵と不妊治療

★避妊を続けていると妊娠しにくくなる

不妊症のコンテンツ一覧 排卵のコンテンツ一覧

昔は避妊を続けていると、妊娠しにくくなると言われていました。

結婚してしばらく夫婦だけの生活を楽しみたいとか、女性がもう少し仕事を続けたいからなどという理由で避妊をしていたら、いざ子供が欲しいと思ったとき、そんなに都合よく妊娠できるものではないなんて言われていました。

避妊がどの程度妊娠しにくくなるか、あまり根拠がないようですが、ただ、ゴムの避妊具と違ってピルなどは不妊に関係があると言われています。

避妊手術をした場合は妊娠出来なくなる可能性が大きいことは言われていました。

避妊手術をして、最初は元に戻せるのですが、長い時間がたつと手術部分が結合してしまい、元に戻せなくなりますから、妊娠できなくなるようです。

それと、結婚する前の避妊なら、手術をして具合が悪くても無理をして仕事に行くという状況も出てきます。

その無理が体を壊して妊娠できない体にしてしまうことはあります。

妊娠はストレスが大きくても妊娠しにくくなります。

長い間妊娠できないことにストレスを感じていた女性が、辛くなって諦めたらその途端妊娠したという話もあります。

ストレスの力の大きさを痛感します。

出産はできるだけ早い年齢がお勧めです。年を取ればとるほどリスクは高まりますし、子育てはかなり体力を必要とします。

高齢出産ゆえの苦労もたくさんあります。若いうちは収入が少なくて経済的なことも考えて、子作りを遅くするカップルもありますが、少々大変でも早く子供を持つことをお勧めします。

-不妊治療, 排卵と不妊治療