排卵と妊娠

★妊娠しやすい体づくり・食生活

現代の不妊の女性が増えたのも、環境が原因や、性交渉の低年齢化他様々な原因があるにしても、1番は妊娠しやすい体作りだと思います。

丈夫な体なくしては正常な妊娠も、丈夫な赤ちゃんを産むことも望めません。

妊娠しやすい体質作りにはバランスの良い栄養が欠かせません。

食べたいものだけ、それも栄養価は二の次三の次のファッション感覚の食事などの若い子を見ていれば、とても健康のことを考えているようには見えません。

私たちが健康で、はつらつとした暮らしを送るためにはバランスの良い栄養は不可欠です。

そのため栄養素が不足すると、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりしてしまいます。

そればかりでなく、生体機能の乱れも生じ、ホルモンのバランスも崩れます。

妊娠にはホルモンのバランスも大きく影響してくるのですから、栄養が悪いうえホルモンのバランスが崩れていたのでは、妊娠どころか病気になってしまいます。

不妊症もまた、栄養素の不足が招く症状の一つであるとも考えられます。

生殖機能の働きを正常にして、妊娠しやすい体質にするためには、栄養バランスを整えることから始めましょう。

現代の女性が妊娠できにくくなっている原因に環境ホルモンの影響が指摘されています。

不妊の女性が増えた原因には、まだ正式に特定されていなせんが、大気汚染やインスタント食品などの食品に含まれる保存量や着色物質そしてポリ袋やプラスチック容器です。

これらの化学物質は、人間の生殖機能にも大きな被害をもたらすと言われています。

環境ホルモン他、個人の力では如何しようもないものがありますが、せめてバランスの良い食事を心がけて、自分の健康は自分で守りましょう。

そのことが妊娠しやすい体作りに直結しているのです。

-排卵と妊娠