排卵と妊娠

★妊娠しやすい体づくり・睡眠

人間が本来持っている体の機能を発揮させるには、食事の他リズムのある生活が大切です。

特に睡眠のリズムは妊娠にも大きく影響してきます。

体内時計が狂うと、体の調子がおかしくなるように、生活のリズムが狂うと、生殖機能の働きも乱れを生じます。

私たちが想像している以上に睡眠の影響は大きいようです。

卵巣を良好な状態に育てて排卵させるのは、規則的な生理の周期です。

生理の周期に限らず、人間の体の様々な機能は、決まったリズムやサイクルで活動と休息とを繰り返しています。

とくに眠りがそうですが「眠り」と「目覚め」を1日単位で繰り返しています。

心臓は、全身に血液を送り出す心臓の動きは、1分間に60~80回と秒単位血液を送り出すことを繰り返しています。

これが、周期であり生体リズムです。

この「生体リズム」は規則正しく、決まったリズムを繰り返しますが、
規則正しく繰り返すのは、私たち人間の体には、生まれながらにして時を刻「"体内時計」が備わっているからです。

しかし、この体内時計は、さまざまな影響を受けると狂いが生じます。

体内時計が狂うと生理の周期も乱れをはじめ、様々な体の不調の根本原因になってしまうのです。

この体内時計の乱れを直すのは、朝の時間帯に日光を浴びることと、決まった時間に食事をとること、適度な運動と、早寝早起きで解消されます。

また、妊娠に不可欠な女性ホルモンは、睡眠中に70%が分泌されると言います。

質の良い睡眠を規則正しく取ることで妊娠しやすい体作りをすることができます。

-排卵と妊娠