排卵と妊娠

★妊娠の邪魔をするストレス

ストレスは女性ホルモンの分泌を悪くして、妊娠しにくくなります。女性はストレスがあると性欲も起きないものです。

そんなときの成功はあまり妊娠が望めません。

ストレスは脳に直接影響を与えますが、強いストレス状態に長く続くと、脳にある視床下部はその状態から体を守るための対応に追われ、大事な生殖ホルモン分泌の司令まで手が回らなくなります。

その結果ホルモンの分泌のバランスを崩し、生理が遅れるというという排卵障害をおこしてしまいます。

このような状態で妊娠するのはむりです。

ストレスが妊娠の可能性を下げるのは、アメリカの国立会陰性研究所の唾液中のストレスマーカー物質調査結果からも明らかになっています。

しかし、ストレスが妊娠の邪魔をするとわかっても、簡単にストレスを取り去るのはこんなんです。

しかし、少しでも軽くする方法はあります。

例えば違う環境に自分をおいてみるなどです。

映画館に行くのもいいでしょうし、綺麗な景色のところに行くとか、星空を眺めるとか、何も考えずに雑踏の中に身を置いてみるのもいいでしょう。

そして運動もお勧めです。

散歩をしてみるとか、深呼吸をしてみるとか、音楽を聴くとか美味しいスイーツを食べるなどなど、あらゆるものを試してみてください。

「ストレスを解消するぞ!」と思った瞬間からあなたはストレス解消に向かって歩き始めていることになるのです。

どっぷり漬かったままが一番いけません。それではストレスからいつまでたっても抜け出せません。

それから、面白いのは真っ赤なパンツをはいてみてください。

真っ赤なパンツはイライラ、冷え性、腰痛に効果的です。

赤は元気が出る色です。還暦のお祝いのちゃんちゃんこが赤いのもそのためです。

昔の女性が赤い腰巻を付けたのも元気が出るようにするためです。

腰紐がピンクや赤や、やたら明るい色が多いのも、人の目に触れないところに元気が出る色を使っていたからです。

赤を見てやたら興奮するのが闘牛士です。牛も人間も赤を見ると元気が出るのです。

お試しください!

-排卵と妊娠