排卵のトラブル

★卵巣の働きの低下 - 排卵のトラブル

排卵のトラブルの一つに「卵巣の働きの低下」というのがあります。

これは加齢などで卵巣の働きが落ちて起こります。

この場合の不妊治療には、「排卵誘発剤」の治療薬の投与行い卵巣の働きを促します。

年令が高くなると妊娠率がさがしますし、妊娠高血圧症候群他の病気にかかる割合がたかくなります。

そして、ダウン症候群などの染色体に異常がある赤ちゃんが生まれやすく、その後の子育てが大変になります。

また、高齢になると流産の可能性も高くなります。

高齢になるほど妊娠率も下がり、20代での不妊の割合は少数ですが、40代を超えると不妊の割合が60%以上という高い数字になります。

現代は医学が損保していて医療の力で、このように加齢で卵巣の働きが低下していても妊娠を可能にします。

多くの有名人や芸能人の高齢出産も聞かれますが、しかし、高齢出産は母子ともにリスクが高まります。

ときには乗り越えられないほどのリスクになる可能性もあります。

母体への影響も大きく、妊娠中は若い人でも血圧が高くなったり、尿にタンパクが出るなどの妊娠高血圧症候群にかかりやすいものですが、高齢出産ではさらにかかる率が高まり、お産の際には帝王切開になることも多くなります。

高齢になると卵巣の働きも弱くなり、血管にも弾力がなくなります。

高齢出産のリスクも個人差が大きく、一概に言えませんし、それぞれ事情があるとは思いますが、できれば母体が健全なうちの若い出産が望まれます。特に初産は若いうちが望まれます。

-排卵のトラブル