排卵のトラブル

★卵巣の表面の異常 - 排卵のトラブル

排卵のトラブルのひとつである「卵巣の表面の異常」は、卵巣の表面の皮が硬すぎて排卵ができないという理由によるものです。

この場合の不妊治療にも「排卵誘発剤」という薬を使用して排卵を促します。

また、卵巣内や卵巣の周辺に子宮内膜症の秒的変化が起こっていて卵胞ができない場合があります。

子宮内膜症とは、子宮内膜が何らかの異変により、卵管や卵巣腹腔など、本来の子宮内腔以外の場所へ飛び出してしまい、そこに定着してしまうという病気です。

そして、本来の子宮の内腔でない場所で、増殖と剥離を繰り返します。

卵巣の近くにこのような異常があると卵胞ができませんし、できる可能性が低くなります。

また、卵管采の形や場所に問題がある他周囲と癒着していると卵子を救うことが不可能になります。

このような原因での不妊は通常の不妊治療では難しく体外受精などの方法がとられます。

ただ、体外受精に関しては未だに偏見を持っている人も多く、体外受精した人の悩みになっています。

なので、体外受精を公表しない人も多く、
偏見を持っている人がいると子供が辛い思いをすることを考えてあえて公表しない人が多いですし、公表する必要もないでしょう。

しかし、その子に隠していて、心無い大人や周りの人から体外受精のことを聞かされて傷つくよりも、頃合いを見て親の口から正しく子供に伝えたいという親もいます。

関係ない大人が、その子に体外受精ということを伝えるようなことは絶対にやってはいけないことだと言えます。

-排卵のトラブル