排卵日を知る方法

★排卵日とおりもの

おりものとは、女性の子宮頚管や膣口から妊娠中や月経以外の時期に出てくる分泌物粘です。

大よその排卵日を知る方法としては、このおりものの状態を観察する方法があります。

排卵日が近づくと、子宮と膣とを結ぶ部分から白っぽい粘り気のある分泌物が下着につきます。

その分泌物を触ってみて強い粘り気で糸を引くような感じのおりもののときがあります。

そのおりものが排卵日が近いことを教えてくれています。

そして、もうひとつの一つのサインとして排卵日近づくとおりものの量が増えます。

おりものの量のピークから2~3日で排卵するといって、それで妊娠に成功した人もいます。

赤ちゃんが欲しい人は試してみてください。

生理が毎月規則正しく来ている女性は、生理が始まって2週間ぐらいたつと、ネバネバの濃い、いつもと違ったおりものが出ます。

この時が妊娠しやすいときです。

赤ちゃんを望んでいるときは、おりものが排卵の時ととらえることが出来ます。

おりものから排卵日をつかみ、おりものの変化を利用して、そのチャンスをつかんで性交渉をすれば妊娠の確率が高くなります。

このようにおりものは妊娠を望んでいる人には大事な働きをしてくれますし、妊娠をしていない人にも、雑菌が膣の中に入るのを防いでくれます。

しかし、おりもののにおいが気になったり、下着が汚れて嫌なものです。

若い子は下着がベトベトするのが嫌でおりもの専用シートを使う子も多いようです。

おりものは大事な働きをすると同時に嫌がられている存在でもあります。

-排卵日を知る方法