更年期 症状

更年期 症状 基礎知識

更年期とは?

通常、更年期が起きるときは、閉経の前後のおよそ10年間程度のことを言います。

閉経の時期は個人差も大きく、 日本の女性の場合は45歳くらいから閉経する人が出始めますが、統計的に平均閉経年齢は50歳となっています。

更年期 症状が出る年齢も個人差が大きいのですが、出方や症状の重さも個人差があります。

重い更年期症状で苦しむ人もいれば、軽くてすんだりあるいは知らずにすむひともいます。

更年期 症状が起こるゲインは、閉経する時期に女性ホルモンが減少することから起こります。

一般的には女性ホルモンが減るという言葉で言われていますが、女性ホルモンのなか一つ「エストロゲン」というホルモン量に急激な減少によるものです。

この女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、子宮を育て子宮内膜の増殖をしているホルモンです。

このエストロゲンと呼ばれるホルモンは、思春期にはその働きが活発になり、子宮の機能を発達させて月経が始まります。

月経が始まった当初はエストロゲンの量も働きも安定しないために、月経の周期が狂ったり月経痛なども見られますが、性成熟期にはエストロゲンも安定して月経周期が規則的になるほか、月経痛で悩まされることも少なくなります。

しかし、閉経を迎えるころにエストロゲンの量が急激に減少するために、更年期障害に苦しむ女性が出てきます。

ホルモンバランスの崩れが更年期障害の大きな原因と考えられているのですが、原因が原因だけに決定的な治療法がないのが現実です。

従って言えることは、生活習慣の乱れを正し、食事に気を付けて、適度な運動の健康的な生活を心がけることが大切です。

ホルモンのバランスが悪いことから起こるのですが、ホルモン注射での治療は難しくかえって症状を重くしてしまうことが多いため、ホルモン注射はあまり行われていないのが実情です。

したがって、更年期 症状を改善したり軽減できる健康食品やサプリメントを上手に利用することをお勧めします。

男性にもある更年期

女性の更年期 症状には、体の症状としてのぼせや顔がほてるとか、急に汗が噴き出す他色々あるのですが、精神的にもイライラしがちです。ヒステリーを起こしたりもします。

そんな女性の更年期 症状のように、いい年をした男性がカッカして怒ると「男性の更年期」などとからかわれたりしますが、実際に男性にも更年期があるそうです。

男性の更年期障害としては、原因がわからないまま不眠が続いたり、物忘れが酷くなったりします。

しかし、たとえ男性の更年期 症状が出ても「年だから仕方がない」と、片付けられて男性の更年期障害からきていることがわかりません。

男性の更年期障害には女性と同じような更年期 症状が現れる他、前立腺が敏感になって尿が近くなったりします。

しかし、尿が近くなっても「年を取ったら尿が近くなった」と思ってしまいます。

40歳を過ぎると、糖尿病他生活習慣病に罹る人も多く、それらの病気が引き金になって男性の更年期障害が出る人も多くいます。

もちろんストレスが溜まって男性の更年期障害を起こす人もいます。

男性の更年期障害の予防や改善には、ストレスを極力早く解消したり、シャワーを浴びたり、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かることをお勧めします。

男性の更年期障害が起こる一番多い原因は自律神経から来るそうですから、
上記のような方法で体も心もリラックスさせたり、大きな深呼吸をして「落ち着いた気分だ」と自分に言い聞かせることも効果があるようです。

そして、男性の更年期障害がわかった今は、そのための健康食品やサプリメントが販売されています。上手に活用することをお勧めします。

産後の体と更年期の体・共通点

産後の体も更年期の女性の体も、ともに女性ホルモンの一つであるエストロゲンに影響されるのですから、体にも精神的にも同じような障害がよく出てきます。

ホルモンの影響が大きいと言っても、ホルモン療法で簡単に治すというわけにはいきません。

ホルモン療法に関して酷い目にあった経験のある私にはなおさらのことホルモン療法は怖いと思います。

30代の半ばごろですが、中間出血で個人の産婦人科へ行きました。

待ち時間が短くてすむから個人医院へ行きました。

そしてホルモンの薬を処方してもらい飲み始めたのですがなかなか出血が止まりませんでした。

なかなか止まらないものですから、必死になって飲んでも止まらず、2カ月近くもなったので病院を変えてみようと思って、今度は市の総合病院の産婦人科へ行きました。

そして医師に経過を話したら、「そんなのを飲むから止まらない」と言われ薬も処方されませんでした。

そして薬を飲むのを止めたら、次の日には出血が止まりました。

その医院はその数年後保険医療費の不正受給とかで摘発されて廃院になっています。

なので、ホルモン療法の怖さと、病院をしっかり選ぶ大切さを身に染みて感じています。

産後の体で注意したいのは、産後の骨盤の矯正がとても大事ということです。

出産時の骨盤のゆがみを治しておかないと、体型がわるくなったり更年期の時に腰痛で苦しんだりするそうです。

高齢で出産した方は特に注意が必要で、お産のために弛んだ骨盤が元に戻りにくいため、ゆがんだままになりがちなのだそうです。

ゆがんだままの骨盤は体重が増えるにつれ正常な骨盤以上に足に負担がかかり膝も傷めます。

そして、更年期の時の腰痛で苦しむ結果になるといいます。産後骨盤に異常を感じたら整形外科を受診したほうが良いようです。

そして、更年期 症状を軽くするには健康食品やサプリメントの利用をお勧めします。

今は、様々な更年期 症状を軽くする健康食品が出回っていますから、自分に合ったものを選びやすくなっています。

更年期のチエック

更年期 症状が出るのは個人差が大きく、30代初めになる女性もいれば60歳近くになって出る人もいます。

そして、更年期 症状をまるで知らずに過ごす女性もいます。

更年期 症状の出方も様々なこともあり、
30代で出ても更年期障害と思わずにいるかもしれませんし、60歳も近くなると年のせいなので仕方がないと思ってしまって、更年期 症状へのきちんとした対応が出来ない場合が多くあります。

更年期障害は一人で悩まずに医師に相談したり、しかるべき健康食品やサプリメントの力を借りて治すことをお勧めします。

いま現在体に不調を感じていたら、更年期 症状なのかどうか見極めて正しく対処する必要があります。

そのチエック方法をご紹介します。

まず、更年期の症状で一番多いのは、顔がほてるということで、次に汗をかくということです。

私は更年期で汗をかくという経験がないのですが、知人が更年期の時の汗の欠き方は突然急に噴き出したように汗をかくので驚きました。

そして、腰や手足が冷えやすいというのが更年期症状の特徴の一つなのですが、これも急に冷え性になったと勘違いして更年期障害によるものと思われないことが多いようです。

その他、息切れや動悸がするようになったり、寝つきが悪くなったりします。

精神的にも不安定になるのが更年期障害の特徴ですから、怒りやすくなったりイライラすることが多く、鬱病気味になる女性もいます。

頭痛やめまい、吐き気の他、疲れやすいというのも特徴で、上記の幾つかが重なったら更年期障害を疑ってみて対応をしてください。

そして、更年期障害が疑われたら健康食品やサプリメントを利用して、少しでも更年期 症状を軽くして更年期の時期を乗り切ることをお勧めします。

更年期 症状現れる年齢

女性の更年期とは、卵巣の働きが弱まり、女性ホルモンの特にエストロゲンが減って生理が終わる閉経の前後の期間を言います。

閉経を迎える年齢というのは、個人差があり一概にはいえないのですが、平均して45歳という統計が出ていますが、遅い女性では50代後半の場合もあります。

早い人では40歳で閉経を迎える人もいますので、更年期 症状が現れるのは30代でも起こり得ることになります。

更年期はお産と同じで病気ではないという考え方もありますが、具合が悪くて更年期の可能性が感じられたら、婦人科を受診することをお勧めします。

それなりの治療を施してくれるので、更年期 症状を軽くして過ごしやすくできると思います。

婦人科では、血液検査でホルモンバランスの崩れ方わかるので、それによって治療が必用かどうか判断されます。

更年期障害は病気ではないといってもかなり重い人もいますし、現に更年期障害で亡くなる人もいます。

ある女性歌手は10年にもわたる更年期障害の苦しみを手記にして出版しています。

平均的に閉経を迎える45歳ごろというのは、閉経による更年期障害だけでなく、年齢時にもどこそこ体の衰えが出てくる年齢です。

体の調子が悪いと思ったら無理をしないことが大切です。

体力や抵抗力なくなっていく年齢なのに、無理をしては体が辛いだけです。

自分の体調に合わせて無理せずに過ごすことが更年期障害の時期を乗り越えるポイントと言えます。

無理をし過ぎてうつ状態になり、仕事に行くのはおろか、日常の家事さえもままならなくなった女性がいますが、重症になる前に婦人科を受診することも大切です。

更年期障害かなと感じたら、各種更年期 障害のために作られた健康食品やサプリメントを利用して、更年期障害を早めに更年期障害を治すことをお勧めします。

-更年期 症状