更年期 症状

更年期障害の治療

受診する科

更年期 症状は人によって閉経を迎える時期も大きく違いますし。

症状の出方も実に様々です。

それだけに受診する科に迷います。

まずは、とにかく婦人科を受診してみてください。

様々な症状が出ていたとしても、更年期障害というホルモンのバランスの崩れから起こっている症状なので、最初は婦人科でいいと思います。

婦人科での治療は女性ホルモンのバランスの崩れを治す為に治療の多くはホルモン療法を行いますが、女性ホルモンでの治療は婦人科だけしか許されてはいません。

更年期障害で婦人科を受診して漢方薬での治療もありますが、
多くはホルモン療法が行われるそうですから、最初は婦人科へ行ってもし婦人科でダメなら他の科へということになります。

ホルモンの治療も著しく進んでいて、
ホルモン補充療法から、メノエイドコンビパッチでホルモン治療他がりますので、いたずらにホルモン療法の副作用を恐れなくてもいいようです。

ただ、ホルモン投与でなかなか出血が止まらなかったりしますから、薬をかえたりして様子を見ながら治療が進められるそうです。

男性の更年期障害の場合は、倦怠感などで悩んだら心療内科や内科を受診して、尿の事悩んだら泌尿器科へ行くようにそれぞれの問題のある部位の科を受診するようです。

男性の更年期障害の場合でも言えることは、少しでも更年期障害かと思われたら早めに病院を受診することをお勧めします。

早い方が、それだけ回復が早くてすみます。

なかには、医師がネットで24時間相談を受け付けますというサイトもあります。

ホルモン療法

更年期 症状は、体の様々な部分に様々な症状となって出ます。

出方も幾つかの症状が重なって出ますが、
言えることは女性ホルモンのなかのエストロゲンの減少で体の不調が起きているのですから、婦人科でもホルモンの治療が多く行われます。

ホルモンによる治療というのは婦人科だけしか行われないといいますが、婦人科では主に「ホルモン補充療法」が行われます。

閉経を境に著しく女性ホルモンが減ることで様々な障害が起こるわけですから足りなくなった女性ホルモンを補うホルモン補充療法には、
注射での補充や飲み薬での補充やパッチ剤のように子宮の周りに貼りつける方法、
そしてジェル剤のように塗り薬での治療法があります。

パッチ剤を貼っての治療なら、ホルモン療法による副作用もありませんが、肌の弱い方はかぶれたりする欠点があるようです。

ホルモン療法の副作用にはガンになる恐れがあるため、ホルモン補充療法を続けているときは子宮ガン検診や乳がんの検診ほか、一般の検診もきちんと受けておくことをお勧めします。

可能ならばできるだけホルモン療法は避けたいものです。

医師を信頼しなくてもいけないのですが、ホルモン療法で新たな苦しみが増えたのでは元も子ありません。

自分の体は自分で治すという意気込みで、食生活の改善や普段の生活を健康的なものにするなどの努力も必要です。

そして、体になにか不足しているものがあったら健康食品やサプリメントを利用して改善することをお勧めします。

そして、更年期 症状を軽くするための健康食品やサプリメントもたくさん出回っていますから、どれを選んだいいのかわからなかったら、薬局で薬剤師さんに相談してみることをお勧めします。

漢方薬による治療

漢方薬での治療なら副作用がなく安心です。

特に私の場合は母の代から漢方薬の「実母散」からのファンです。

お陰様で私自身は産後の僅かの期間を使用しただけで、更年期もほとんど起こらなかったので漢方薬の実母散を飲むこともなくてすみました。

でも、知り合いが更年期かもしれないけれど具合が悪いという時は、実母散を勧めていますが、けっこう効果があり、調子が良くなったと喜ばれています。

しかし、更年期に効果のある漢方薬は実母散ばかりではありません。

「命の母A」とか
「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」
「半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう))や
「温胆湯(うんたんとう)」などがありますから、薬局で相談してみることをお勧めします。

ただ、半夏白朮天麻湯や、温胆湯、半夏白朮天麻湯などは、漢方の専門家でないとダメな場合もあるそうです。

男性の更年期で悩んでおられる方にも漢方薬がお勧めです。

更年期のホットフラッシュが酷くて婦人科へ行って治療を受けていたのですが、なかなか改善がみられず人に勧められて漢方薬に変えたら症状が良くなったという人もいます。

また、いくつか健康食品やサプリメントを試してみたけれど、漢方薬が一番効いたような気がするという人もいます。

ほかの健康食品やサプリメントを試した後で漢方薬に巡り合ったという方が多いです。

薬もその人の健康状態で合うとか合わないとかも出てきますから、今飲んでいるのは自分の体質に合わないかもと感じたら、漢方薬も試してください。

抗うつ薬他による治療

ホルモンの関係からきているだけに治療もなかなか厄介なのが、更年期 症状の治療や改善です。

更年期障害の治療の仕方は症状によっても違いますが、大きく分けて3つ挙げられます。

それは、
「ホルモン補充療法(HRT)」
「漢方薬による治療」
「抗うつ薬他による治療」
があり以上の3つの治療には、一部の漢方の薬を除いて健康保険が適用されることになっています。

更年期 障害は、顔がほてるほか、発汗や、急な汗ほか腰が痛かったり、手足が冷たいなどの体へ出る症状もありますが、さらに精神面にも出てきます。

これは閉経の時に分泌量が減って更年期障害を起こさせるのですが、コノエストロゲンは体ばかりでなく、神経系統にまで影響を及ぼすからです。

そのため、気分がふさぎ込んだり、イライラしたり怒りっぽくなる人もいます。

最悪な場合は鬱病になって、自殺する人までいますから、更年期は病気という病気ではないなどと、侮らないでください。

更年期が原因かなと思われることが合ったら、病院を受診するなり、更年期障害に効果のある健康食品やサプリメントで早めの対処をお勧めします。

そのことで更年期 症状を重くするのを防げます。

更年期障害で婦人科を受診してうつ病となると、
抗うつ薬や抗不安薬での治療が行われますは、はっきりと更年期うつ病と診断されると心療内科へ回されるようになるそうですが、
その辺のことは医師に相談したり医師にお任せということになりますが、できれば診察には家族がご主人が付き添って行ってあげることをお勧めします。

更年期うつ病となれば、家族の協力も大切です。

ホルモン療法の副作用

更年期 症状の原因は、何と言っても2つある女性ホルモンの一つ、エストロゲンと呼ばれるホルモンの減少が原因で起こるのですから、ホルモン療法が一番効果があると思われます。

ホルモン療法は婦人科の実で行われる治療法で、これが行われるのは婦人科のみだといいます。

更年期障害にとっては大きな効果があるホルモン療法なのですが、副作用も大きいのが心配です。

薬というのは必ず何かしらの副作用があるものですが、とくにホルモン療法の副作用はおおきなものがあり
「不正出血が続く」
「乳房のハリや痛みがある」
「おりもの増えた」
「下腹部が張った感じ」
「吐き気がして困った」などの副作用を多くの人が経験しています。

ホルモン療法を難しくしているのは、薬の量の調整がとても難しいのだそうです。

副作用の症状が出たら薬の回数や量を調整して改善します。

閉経で生理が終わったはずなのに生理のときのような出血があったり、しかもいつまでも止まらないケースもありますが、薬を調整することで止めることが出来るので、医師に相談してみてください。

それと、日本では言われてはいませんが、海外での研究や報告ではホルモン治療をした人にがんの発生率が高いといいます。

上記の様にメリットもデメリットも大きいのがホルモン療法による治療ですが、メリットの方が大きい事も報告されていますし、がんの発生率にしても日本では疑問視されているそうです。

医師としっかり相談しながらホルモン療法を受けることをお勧めします。

-更年期 症状