生理不順のホームケア

★月経痛のケア方法 - 生理不順のホームケア

生理にまつわるトラブルの中でも生理不順と並んで目立つのが別項でもご紹介した月経困難症、及び月経痛つまりは生理痛である。

痛みの感じ方には個人差があり、酷い人は毎月会社を休まざるを得ないほどの痛みが来る一方で同じ女性でも「生理痛なんて感じたことがない」と言う人もいる。

私たちが月経時もしくは月経がはじまる二、三日前に感じる下腹部および腰部のしくしくした痛みは、例え病気ではないと分かっていてもうっとうしく不快なものだ。

症状が酷い人は生活全体が生理のために台無しになってしまうことになりかねない。

月経痛があることが生理へのイメージを悪くし、ストレスになりストレスから生理不順が生じ、月経周期が乱れることで不正出血など他のトラブルも生まれてくることもある。

月経痛の対処法の中で最も手軽なものは、やはり鎮痛薬を飲むと言うものだ。

通常の解熱鎮痛薬の他にピリン系鎮痛薬の代表的な副作用とされる胃腸への負担を抑えた女性用の製品が各製薬会社から発売されているので薬局、薬店等で薬剤師に自分にはどの薬があっているかを聞いてみるとよい。

一般医薬品で痛みが治まらない場合は婦人科で医師に少し強めのものを処方してもらうとよい。

薬以外で月経痛が起きた場合に出来る対処は身体の血のめぐりを妨げるものを取り除くことだ。

カフェイン、冷たいもの、煙草等血管を収縮させ痛みを強くする物の摂取を控え、衣服も締め付けの無いものを選ぶようにし、腰から下をブランケットやショールで包み防寒するとよいと言われている。

-生理不順のホームケア