生理不順、押さえておくキーワード

★帯下 - 生理不順、押さえておくキーワード

生理前はおりものの量が増えるから生理が来ることが分かると言う女性は多い。

おりものは帯下とも呼ばれる。

子宮が膣とつながって括れているところから分泌される液体なので子宮頸管粘液とも呼ばれることがある。

この頸管粘液をはじめとするさまざまな液体が常時分泌されているので、子宮および膣は常に潤っている。

おりものは生理終了と共に徐々に分泌量がまし排卵日周辺にその量が最も増え、黄体期に入るとわずかに量が減る傾向にある。

排卵がない人はおりものの量が少なくなる。

そのため、経血と同じようにおりものの量や色を気に掛けることで生理不順につながるホルモンバランスの乱れや女性器関連の疾患の予兆を読み取ることができると言われている。

おりものの量が多すぎて気になる場合はビデを使うこともできるが、膣に棲みつく善玉菌まで流してしまうことがあるので洗い過ぎには注意である。

色は通常透明もしくはだが、体調によっては色がつくことがある。

赤茶色もしくは赤くなる赤帯下は、感染症やがん性疾患などが子宮もしくは膣に生じておりものに微量の血液が混じった状態だとされる。

黄帯下はおりものに黄色っぽく色がつく状態で感染症や子宮内膜炎のサインであることがある。

色の異常は他におりものの色が緑色っぽくなる青帯下等がある。

おりものの異常は色だけではない、
排卵日でもないのに急激に増える逆にいきなり減って陰部が服に擦れて痛い、
本来無臭に近いはずのおりものから強い匂いがする、
塊になって崩れると言った質感の異常がある場合には、早めに医師に相談する必要がある。

-生理不順、押さえておくキーワード