生理不順と一緒に現れる症状

★月経困難症 - 生理不順と一緒に現れる症状

月経時に起きる下腹部の痛みを月経痛と呼ぶ。

ホルモンのバランスが大きく変わるため、多くの女性は月経期に体調の変化を感じる。

その中でも代表的な症状が月経痛である。

人によっては三十七度前後の微熱、下痢、頭痛、悪心、めまい、乳房が張って痛むなどの症状が同時に出ることもある。

月経痛がある人の中には、鎮痛薬を必要としない人もいるが、市販の鎮痛薬を飲んでも痛みが止まらず、日常の業務や学業、家事に従事することができなくなる人もいる。

生理時の不調で生活が立ち行かなくなるほどの症状が出るケースを月経困難症と言う。

よく誤解をされるがちなことだが、生理の時の痛みは出血による痛みではない。

剥離した子宮内膜その他の液体が混ざった経血を外に出そうとして子宮が痙攣することが痛みの原因だと言われている。

月経痛の原因は未だ全貌が分かっていないが、この痙攣には黄体ホルモンが大きく関わっていると言われている。

また、子宮も筋肉の塊であり、交感神経と副交感神経によって緊張と弛緩を繰り返している。

生理不順と同じようにストレスや不規則な生活等によってホルモンのバランスが崩れると、子宮の緊張が取れず痛みが強くなると言われている。

人によっては子宮の緊張が強すぎて、子宮に溜まった経血を排血できず下腹が張ってしまうこともあるようだ。

月経困難症には病的な原因を持つ物と、体質的な問題で起きるものがあり原因にあわせた治療を行うことが大切だと言われている。

-生理不順と一緒に現れる症状