生理不順の治療法

★生理不順 漢方でゆっくり改善

漢方薬はしばしば医師によって生理不順の治療薬として選択される。

漢方薬には冷え、胸の張り、精神的な不調、不眠、脱毛等生理不順以外の身体の不調も一緒に治療していくことが可能と言うメリットがあるからだ。

西洋医学とは病気の捉え方が違うので原因がよく分からない月経周期の乱れも改善が可能だと言う利点がある。

難点と言えば、味や香りが独得であることと、西洋薬よりも一回ごとの単価が高くなること、種類が多く医師によって漢方薬にまつわる知識量が大きく異なることなどが挙げられる。

漢方には、同じ症状が出ていてもその人の体質や気質生活環境によって原因が異なるという考えがある。

生理不順の原因もお血(血行不良)等様々なものがあると言われており合う薬も人によって違うため選ぶのが難しい。

また、薬が働くまでに時間がかかることが多く、治療が長期戦になりやすいと言う特徴もある。

漢方薬の中にも感染症の治療薬など即効性が高いものがあるが、副作用も強いそうだ。

因みに西洋薬でも成分が体に取り込まれるまである程度の時間を要するので生理不順の治療は気長に行う必要がある。

漢方薬は副作用が少ないから飲むと言う人が良くいるが、漢方薬にも副作用がある。

もっとも一般的だとされているのが飲みはじめに起きる吐き気だが、体が薬になれてくると吐き気が起こりにくくなるそうだ。

他に継続して服用することで起きる肝機能障害や黄疸などが薬によっては極々まれに起きることがあると言われている。

不安を感じたら、主治医もしくはかかりつけ薬局の薬剤師に相談しよう。

-生理不順の治療法