婦人科の病気

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺のう腫

婦人科の病気 一覧

バルトリン腺は、セックス時に潤滑油のはたらきをしている分泌液をだす豆つぶ大の器官です。

腔の入り口の左右にこの分泌液を排出する開口部があり、ここに細菌が感染して、炎症が起こるのが「バルトリン腺炎」です。

炎症が進行すると、バルトリン腺の開口部が癒着して、分泌物がたまって腫れてきます。

これが「バルトリン腺のう腫」です。

赤く腫れて痛むものは、内容液が膿となっている「バルトリン腺膿瘍」です。

炎症の多くは大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの一般化膿菌によるものですが、淋菌によっても発症します。

治療は、早期で症状も軽いバルトリン腺炎は、抗生物質と消炎剤を服用します。

膿がたまっている場合は注射器で吸いだすか、切開して外に排出させるなどの処置をしてから、抗生物質で細菌を死滅させます。

再発をくり返すときは、出目をつける開窓術、バルトリン腺を摘出する摘出術を選択します。

-婦人科の病気
-