婦人科の病気

月経前出血(げっけいまえしゅっけつ)

婦人科の病気 一覧

月経予定日の1週間~数日前から少量の出血があり、1~3日おいて月経がはじまります。

ときに、間隔をおかずにそのまま月経に入ることもあります。

原因は、黄体期に分泌される黄体ホルモンが不十分であるために、ホルモン減少の影響を受けて厚くなった子宮内膜がはがれ落ちます。

治療は、出血が1~2日でごく軽いものであれば、とくに治療の必要はありません。

ただし、黄体のはたらきが十分でないと不妊の原因にもなりますので、妊娠を希望する場合には、ホルモン治療を行ってホルモンバランスを整えるようにします。

-婦人科の病気
-