婦人科の病気

原発性無月経(げんぱつせいむげっけい)

婦人科の病気 一覧

18歳をすぎても初経がみられない状態をいいます。

原因としては、
もっとも多いのは、染色体の異常によって、卵巣などの発育不全が起こるものです。
ほかには、副腎の異常によって男性化か起こるケースや、生まれつき子宮や腔がない場合、月経は起こっているのに処女膜や腔が閉鎖しているために出血しない場合などがあります。

治療は、
染色体異常による卵巣の発育不全が原因の場合には、内外性器の老化や骨粗耘症を防ぐために、女性ホルモンを投与します。

染色体に異常がない場合には、排卵誘発剤や女性ホルモン、性ステロイド薬を投与します。

また、腔や処女膜が閉鎖している場合は、手術で経血が流れる経路をつくります。

-婦人科の病気
-