婦人科の病気

子宮脱(しきゅうだつ)・子宮下垂(しきゅうかすい)

婦人科の病気 一覧

子宮が正常の位置よりも下がっている状態が「子宮下垂」です。

子宮下垂がさらに進行して、腔外にとびだしてしまうものを「子宮脱」といいます。

分娩後や閉経後に多くみられます。

腔や外陰に圧迫されるような違和感を覚えたり、頻尿や排尿・排便困難などの症状がみられます。

原因は加齢や妊娠・分娩によって、子宮を支えている筋肉や結合組織が断裂したり、周囲の支持力が弱まって伸びてしまうことが原因です。

腹筋運動や、力仕事をすると悪化します。

治療としては、ペッサリーというリング状の器具を腔内に挿入して、子宮の位置を固定する方法をとります。

ペッサリーが有効でない場合は、ゆるんだ組織を縫い縮め、子宮をつり上げる手術が必要になります。

症状が軽い場合は「骨盤底筋体操」改善をはかります。

出産によって一時的に子宮が下がることがありますが、「骨盤底筋体操」をきちんと行えばもとにもどるケースがほとんどです。

出産後や閉経後は、習慣づけるようにしましょう。

-婦人科の病気
-