婦人科の病気

子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)

婦人科の病気 一覧

子宮の入り口にあたる子宮頻管が、細菌に感染して炎症を起こした状態をいいます。

多くは、腔炎が~宮頚管部まで広がって起こります。

症状はおりものが増えます。

セックス時に痛んだり、出血することもあります。

原因は原因となる細菌は、クラミジア、淋菌、大腸菌、連鎖球菌などがあります。

セックスによる感染がほとんどで、なかでもクラミジアによる子宮頚管炎が増えています。

また、分娩や人工妊娠中絶などの手術後は感染しやすくなります。

治療は炎症を起こしている原因菌を特定して、効力のある抗生物質や抗菌薬を投与します。

また、患部をレーザーで焼灼したり、凍結手術を行うこともあります。

注意しよう! 性感染が原因の場合には、パートナーも一緒に検査を受けて、ふたりとも治療する必要があります。

ふだんからコンドームで感染を予防しましょう。

-婦人科の病気
-