婦人科の病気

子宮膣部びらん(しきゅうちつぶびらん)

婦人科の病気 一覧

子宮膣部といわれる子宮の入り口付近が、ただれたように赤く見える状態をいいます。

びらんとはただれを意味しますが、実際に傷がっいたり炎症を起こしている「真性びらん」はまれで、ほとんどがただれたように見える「偽性びらん」です。

若い女性のほとんどにみられます。

たいていは無症状で治療も必要ありません。

粘り気のある黄色いおりものが増えたり、おりものに血が混じることがあります。

原因として偽性びらんは、ホルモンの影響で子宮頸管組織が子宮の外側に見えていることをいいます。

真性びらんは膣内避妊具やタンポンの挿入、セックスなどで子宮口付近が刺激されることによって炎症を起こした状態で、頸管炎の一部です。

-婦人科の病気
-,