婦人科の病気

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

婦人科の病気 一覧

子宮の筋肉の一部にこぶのようなかたまりができる病気です。

子宮筋腫は良性の腫瘍で、大きくなっても子宮組織を破壊したり、がんなどの悪性のものに変化することはありません。

子宮壁は外側から漿膜、筋層、粘膜の順で構成されていますが、筋腫が発生・発育する部位や方向によってその症状は異なります。

数力所で同時に発生したり、子宮内膜症と合併するケースもあります。

筋腫を持つたまま妊娠することもできますが、筋腫が発生する場所によっては、不妊や流産の原因になることもあります。

女性ホルモンの分泌が活発な20~40代の女性で起こりやすく、閉経後は子宮とともに縮小していきます。

筋腫の大きさや発生部位、個数によって症状は異なりますが、おもな症状は過多・過長川縁があり、ときにはレバーのような血のかたまり(凝血塊)が混じったりします。

月経血量が多く貧血が進むと、めまいや息切れ、だるさを感じます。

無症状の筋腫もありますが、強い月経痛をともなうこともあり、腰痛、頻尿、便秘などの症状があらわれることもあります。

筋腫は閉経後に、自然に縮小し、症状も消失していきますので、大きさが小さく、症状が軽い場合は治療は行わず、経過を観察するのみですみます。

貧血を起こしているときは、鉄剤やサプリメントを服川します。

過多月経の場合は、低用蹴ピルやホルモン付加IUD(子宮内避奸具)で月経量を減少させることもできます。

月経痛や下腹部痛が強い場合は、鎮痛剤やピルで痛みをやわらげるようにしますが、改善されない場合には腹腔鏡や開腹手術での治療が検討されます。

薬物療法は、「GnRHアナログ」という薬剤を注射して、閉経後の状態をつくりだします。

ただし、更年期症状があらわれる可能性があり、1川につき最長6ヵ月の治療となります。

最近では子宮動脈塞栓法(UAE)という方法も、腹部を切らない治療法として選択されることも多くなってきました。

手術療法では、筋腫の状態によって開腹手術や腹腔鏡を使いながら、筋腫のみ、または子宮の令摘出が行われます。

妊娠の希望がある若い女性では、子宮筋腫のみを取り除く手術法が選択されます。

筋腫が見つかっても、無症状もしくは対症療法でコントロールできる場合には、手術せずに閉経を待つこともあります。

将来の妊娠希望の有無、自覚症状の有無を医師に伝え、治療方法を選択していきましょう。

-婦人科の病気
-,