冷え性 改善

あたためる食材・冷やす食材

冷え性 改善

カラダの中からの冷え症対策

冷え症対策といっても、スカーフを羽織るといった、外からの寒さよけだけでは、カラダの芯をあたためることはできません。

カラダの内側からの対策として、毎日の食生活で気をつける点を、ここでは説明したいと思います。

実は私も冷え症です。

でも、食事や服装などに注意を払い、自分でも漢方薬を服用していますから、冷え症状でつらい思いをすることは、いまは以前より少なくなりました。

漢方に「医食同源」や「養生」ということばがあるように、食事は健康のための基本中の基本です。

冷え対策にあたっては、「医食同源」とともに薬膳料理の基本となる、「食材にはカラダをあたためるものと冷やすものがある」との考えをもとに、食生活を見直してみることをおすすめします。

カラダをあたためる(陽)食材

ショウガ
ナツメ
ニンニク
アンズ
ニラ
クルミ
ネギ
シナモン
青じそ
唐辛子
かぼちや
黒砂糖

カラダを冷やす(陰)食材

レタス
スイカ
トマト
メロン
セロリ
カキ(柿)
せり
食塩
バナナ
白砂糖
マンゴー
パパイヤ

この他のいろいろな食材の見分け方については、
・寒い季節や寒冷地域でとれる食材=カラダをあたためる
・暑い季節や温暖な場所でとれる食材=カラダを冷やす
という基本的なポイントをまず押さえてください。

ただ、調理方法によってもかわってきますので、これはあくまでも目安です。

「冷え」と「ほてり」は紙一重

ただ、ここで注意してほしいのは、冷え症だからといって、「陽」(カラダをあたためる食材)の食材ばかりを食べつづけると、かえってカラダの調子を悪くすることもある、ということです。

漢方では、「陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる」という教えがあるように、「陰」も「陽」も(この場合は「冷え」も「ほてり」も)紙一重だと考えます。

冷えているからといって、カラダをあたためる食べ物ばかりを食べつづけ、度がすぎると、こんどは逆の症状、ほてりとなって、カラダに不調があらわれることもあるということです。

実際、患者さんのなかには、冷えとほてりを交互に、人によっては同時に訴える方もいます。

こうした場合、おなじ漢方薬で対処することがじつは多いのです。

というのは、漢方薬は、冷えている部分では血流をよくし、ほてっている部分は余分な熱をとり去るという、アクセルとブレーキの両方を同時に発揮する特性をもっているからです。

つまり、行きすぎたものは戻し、止まったものは動くようにするといった、バランスを調整する作用があるのが漢方薬です。

一方、西洋薬は、発熱には「熱を下げるだけ」、便秘には「腸の動きを動かすだけ」、下痢には「腸の動きを止めるだけ」というように、ひとつの作用だけ(アクセルかブレーキのどちらかだけ)に特化しています。

この漢方薬の効果を別の言葉で表現すると、ココロとカラダの状態を「中庸な状態」に戻すことだといえるのではないかと考えています。

健康・キレイを確実に手にする「アリストテレスの教え」

私か高校時代に感銘を受けた、古代ギリシャの哲学者、アリストテレスは、「人間の行為や感情における超過と不足を調整する徳」として「中庸」を挙げています。

彼は、「理性的に生きるためには、中庸を守ることが重要である」と説きました。

ただ、中庸は、「中間」とおなじ意味ではありません。

たとえば、「10」の中庸は、必ずしも「5」ではなく、「2」や「6」のときもあるのです。

つまり、私たちの心身の状態は、すでに偏っている場合もあるわけで、個々人の中庸は、必ずしも絶対的な中間値(10に対する5)であるとは限らないのです。

「中庸」は、極端を嫌う傾向があるといわれる日本人の民族性に受け入れやすい徳性ではないでしょうか。

この考え方を冷え症対策に応用すると、「陽」(や「陰」)の食材に極端に走らないで、つねに「自分にとっての中間=中庸」を知ることが大切、といえましょう。

これは、あらゆる健康・美容対策にとっても重要な考え方だと思います。

-冷え性 改善