冷え性 改善

冷え性の原因と症状

冷え性 改善

冷え性の重要キーワードは内臓温度

私たちが体温を計る場合、たいていは腋の下で計りますよね?

これを「体表面温度」と言います。

それに対して、からだ内部の温度を「深部体温」と言いますが、これが「内臓温度」のことです。

「内臓温度」を正確に知るためにはお尻に体温計を入れ、直腸の温度を計らなければならないので、入院経験のある人ぐらいしか、計ったことがないのではないでしょうか。

ある頃から「私、低体温なんです」と訴える女性が増えてきました。

どれぐらい低いのか疑問に思い、そのような女性百人の「体表面温度」を同じ時間帯、同じ条件で検温してみたところ、その平均は36.5℃でした。

驚いたことに一般の人の平均値とまったく一緒だったのです!

しかし、彼女たちは朝自宅で体温を計ると確実に低いと言う。

それは一体どういうことなのでしょうか。

実は、膿の下の温度は一日のうちでかなり変動するものなのです。

朝、温度が低くても、日中には上かってしまうのが腺の下の「体表面温度」なのです。

そこで、より信頼性のあるデータを取るために、1日のうちで変動がない場所はないものかと検証した結果、「内臓温度」ならばそれほど変化がないと分かったのです。

そこで「深部温度計」という、お腹の表面から皮下約8cmの温度を計測できる装置を使い、改めて彼女たちの「内臓温度」を同一時間帯、同一条件で計測したところ、ほとんどの人が平均値を下回っていました。

人間の「内臓温度」の平均値は37.2~38℃が理想的と言われており、医学的な実験などもこの基準値に基づいて行われています。

ところが、彼女たちは35℃台であることが多く、中には35℃台前半の人もいました。これは「内臓温度」が非常に低く、生命を維持していく上でもかなり危険な状態と言えます。

たとえば雪山で遭難した人が生命の危険にさらされたときの「内臓温度」は35℃台前半ぐらいだということを考えると、いかに恐ろしいことであるか分かってもらえると思います。

「内臓温度の低下」、というと難しく聞こえるかもしれませんが、これこそが「冷え」の状態なのです。

「冷えってあの冷え症の?私は手足もあたたかいし、寒さに強いから違うわ」という人もいるでしょう。

でも手足が冷えていなくても内臓が冷えていることは決して珍しいことではありません。また、本人が自覚していなくても冷えていることもよくあります。

よほどの腹痛でもないかぎり、お腹の温度を感じながら生活なんてしないと思います。

こういった自覚のない人たちを「かくれ冷え」と呼んでいます。

あなたが冷えていないと思っていても、要注意。

くすみ、むくみ、セルライトなどはすぺてお腹の冷えによって起きていること。

最近では男女を問わず、実に60%もの人が「かくれ冷え」を持っているのです。

「内臓温度」が低下するとまず血流が悪くなります。

すると下腹部に「うっ血」が起こり、胃腸、肝臓、腎臓など各器官の働きが低下します。

それによって「免疫力」や「代謝」が悪くなり、くすんだりむくんだりという不快な症状が起こってきます。

セルライトも水分代謝が悪くなることでできるものです。

ダイエットとリバウンドを繰り返し、なかなか痩せにくいというのも代謝が落ちているからですよね。

さらに「内臓温度の低下」は自律神経の乱れを起こしてしまい、自分の感情をコントロールできなくなります。

そうなると、イライラしたり、逆にうつ状態になって沈んでしまったりする可能性があるということも分かってきました。

先に出てきた「低体温症」の女性たちも「内臓温度」が低下していました。

そのため、朝は体温が低く、昼間になると上昇するという、言ってみれば「変温動物」のようになってしまっていたのです。

人間は本来「恒温動物」であるはずなのに、「自律神経」が乱れてしまっているので、このような症状が起きているのです。

このように「内臓温度の低下」はからだにさまざまな悪影響を起こすのですが、特に顕著な5大症状について、以下詳しく説明いたします。

基礎代謝の低下

「基礎代謝」というのは、横になったりした安静な状態で、人間が最低限生きていくために必要なエネルギーのこと。

心臓を動かしたり、血を巡らせたり、脳を動かしたりと意識しないで使っているエネルギーです。

「基礎代謝」に加えて私たちが生きていくのに必要なのは「生活代謝」といって、日常生活の中で必要なエネルギーの量です。

仕事や家事などをして1日に使うエネルギーなので「生活強度」によって個人差はありますが、これはおおよそ「基礎代謝」×約1.6kcalと言われています。

ダイエットをするときは、これを目安にすると合理的です。

たとえば成人女性の「基礎代謝」の平均値は1200kcalなので、「生活代謝」はおよそ1920 kcalです。

これがあなたが普段通り生活しているだけで消費するおおよそのエネルギーだとすると、1920 kcalよりも摂取するエネルギーが少なければウエイトダウンが見込まれます。

ところが「内臓温度」が低下すると、この「基礎代謝」が減ってしまうのです!

「内臓温度」が1℃低下すると約12~15%の「基礎代謝の低下」が起こります。

「基礎代謝」が1200kcalだとすると、1℃の低下で144~180kcalものエネルギーが代謝されずにからだに蓄積されることに。

これは大福などの和菓子や梅干しおにぎり1個分ぐらいのカロリーです。

これが毎日となると、約1ヵ月半で1kgの体重増加(実際には食べてもいないのに!)という恐ろしい結果が待ち受けているのです。

つまり、「基礎代謝の低下」はダイエットの天敵!

なんだかものすごく損をしている気がしますね。

なかなか体重が減らない人は一度、「内臓温度」を計ってみるべきです。

免疫力の低下

「免疫力」という言葉もよく耳にするけれど、どんなものか分かりづらいのではないでしょうか。

これはからだに有害な物質が入ってきたときに、それをブロックしたり、やっつけたりする細胞の力のことです。

簡単に言うと「自然治癒力」の一部みたいなもので、生きている人間なら誰でも持っている能力です。

「免疫力」を発揮する場所は主に小腸で、「免疫細胞」の6~7割が集まっていると言われています。

食べものや飲みものなど、口から入った栄養はほとんど小腸で吸収されます。

小腸には「パイエル板」というものがあり、ウイルスなどのからだに有害な物質がやってくると、それが「白血球」や「リンパ球」などの「免疫細胞」に危険信号を発します。

すると「免疫細胞」がその有害物質をやっつけてくれるのです。

そしてその「免疫細胞」を活性化させるためには、細胞内の「ミトコンドリア」を働かせなけれぱならないのですが、それにはエサと温度が必要です。

エサというのは「食物繊維」であり、温度が低いとあまり働いてくれません。

具体的には「内臓温度」が℃下がると30%の「免疫力」が低下します。

するとウイルスなどを殺す能力が弱くなるので、たとえば風邪が治りにくくなったり、合併症を起こしたりするのです。

それ以前に、「免疫力」が弱くなるとウイルスに感染する危険性もグツと高くなります。

近年増え続けている花粉症などのアレルギー性疾患も「免疫力の低下」によって起こりやすくなります。

だから突然花粉症になっちゃった、という人は冷えが原因になっていることも考えられるのです。

その他、疲れやすい、ストレスを感じやすい、なども「免疫力の低下」が招く症状の一部です。

自律神経の乱れ

「自律神経」とは生命を維持するため、自分の意志でコントロールしなくても働いてくれている神経のことです。

胃が胃酸を出したり、寒いときに鳥肌がたったりするのは自分で意識しているわけではないですよね?

「自律神経」が乱れると各器官はもちろん、感情にまで作用し、さまざまな悪影響を及ぼします。

「内臓温度の低下」が起こると「自律神経」は生命の危険を感じ、「異常事態」と認識します。

そこで血液の循環を悪くしたり汗をかかないようにして、外に熱を逃がさないように働き、生命の維持を図ります。

この状態が長く続くと、「むくみ」や「くすみ」「めまい」などの症状が現れてきます。

また「自律神経の乱れ」が生じると「痛み」や「こり」を強く感じるようになります。
肩こり、腰痛、生理痛などがひどくなったというような場合は「自律神経」が乱れていると言って間違いないでしょう。

さらに「自律神経の乱れ」は不眠も招きます。

不眠症の人はたいてい「内臓温度」が低いものです。

こういった「自律神経の乱れ」は、極度の冷暖房によって引き起こされることも少なくありません。

真夏の暑い日、家や電車、会社ではエアコン、外では汗ダクダクなんていう経験ありますよね?

真冬における逆パターンも同じ。

こうした外気温の急激な変化によって、「汗腺」などの「自律神経」が混乱してしまい「暑い」「寒い」という基本的な感覚が狂ってしまう。

しかしその不調は明確な痛みを伴うようなものではないので、なんとなく具合が悪い、というモヤモヤした気持ちのまま、治療せずに放置してしまうことが多いのも事実です。

内臓の働きの低下

「内臓の働きの低下」というのは容易に想像がつくでしょう。

胃の調子が悪ければ消化吸収が悪く胃もたれを起こします。

肝臓が悪い人は顔がドス黒く、疲労感があります。

腎臓ならむくみ、大腸なら下痢や便秘など、日常的な不調は内臓に関係するものが多いのではないでしょうか。

これは「内臓温度の低下」によって血液の巡りが悪くなり、すべての器官に充分な血液が送られなくなってしまうことが原因です。

血液は各器官に新鮮な酸素を取り込むためのパイプです。

血液の流れが悪くなって燃料=酸素が充分運ぱれないと、器官は「酸欠状態」になってしっかり働いてくれないのは当然ですね。

逆に肝臓を悪くしている人、腎炎になってしまった人などの「内臓温度」は間違いなく低い状態にある、ということです。

ところで、胃腸は脳と直接の連絡網を持っているということはご存じですか?

これは「腸脳連絡」というのですが、胃腸への刺激はダイレクトに脳に伝わるのです。

典型的な例として、急性のアルツハイマーの患者さんの胃腸を急激にあたためると、症状が回復することがあります。

アルツハイマーの人の胃腸はほとんど動いていません。

そこへ胃腸の動きを活発化させるためにお腹をあたためると、脳へ刺激が伝わり痴はうが治ってしまったという、驚きの事実が報告されています。

つまり胃腸を冷やしてしまうと、脳の働きさえも阻害する結果になりかねないということです。

それでなくても内臓器官が働かないと「老廃物」がうまく排泄されず、顔をくすませたり吹き出物ができたりと、顔ブスを作り出す元凶となります。

美容の観点からも、内臓はきちんと働いてくれないと困るものなのです。

うつ傾向になる

ここまでは主にからだの不調について述べてきましたが、「内臓温度の低下」は精神的にも悪影響があります。

これは自律神経の「交感神経」と「副交感神経」というものの働きと深く関わっています。

「交感神経」というのは活動的なときに働き、「副交感神経」はリラックスしているときに働きます。

基本的には起床してから約12時間は「交感神経」が優位に、夕刻以降の12時間は「副交感神経」が優位に働いてバランスを取っています。

ところが「内臓温度」が低下しバランスが乱れると、「副交感神経」が過剰に緊張して、「交感神経」の働きが悪くなってしまいます。

すると「だるい」「面倒くさい」と常にやる気のない状態になり、だんだんと「うつ傾向」になっていきます。

これは簡単に言うと「プチ冬眠」状態です。

動物が冬眠するときは体温を下げ、心拍数を減らしてエネルギーを使わないようにしています。

人間も体温が下かってしまうと自動的に活動をしないように「自律神経」が働くのです。

つまり頭は起きているのにからだは冬眠中。

それではやる気が出るはずがありません!というよりも元気を出そうとしても出せなくなってしまうのです。

そうなると出かけるのも楽しくない、もちろんおしゃれも面倒くさいという状態ですから、周りの人からしても決してキレイに見えないのは当たり前ですよね。

そういう人は、ストレスになってしまうのです。

しかも恐ろしいことにこの症状はかなり早い段階で現れてきます。

みなさんが今、理由もなくちょっとゆううつな気分になっているとしたら、お腹の冷えが関係しているのかもしれません。

-冷え性 改善