症状から探す

おなかが痛い – 症状から病気を探す

af0100049958_r

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・かぜ
・食中毒
・子宮外妊娠
卵巣のう腫

おなかが痛くなる原因

一瞬、ある部分にだけ酸素がいきわたらなくなったり、血管壁などがけいれんを起こすと、痛くなります。

また、細菌が胃などに入ったことでおなかが痛くなって吐いたり、かぜのウイルスがおなかに入って痛みを起こしたりと、その痛みはさまざまです。

ストレスなど精神的に負担がかかったときにも、胃が痛みます。

痛む場所によって考えられる病気はちがう

 たんなる食べ過ぎで胃の負担が大きくて痛くなることや、食欲があり熱は出ていないけど痛くなることもあります。この場合は、あまり心配する必要はありません。

しかし、急にシクシクと痛み出したときは虫垂炎が考えられます。

また、おなかがズキズキと痛くなる場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が考えられます。

生ものを食べた後、おなかの痛みとともに吐いたり悪寒がしたり下痢などがあったら、食中毒かもしれません。

お酒を飲み過ぎたり、脂っこいものを食べ過ぎたときには、おなかの上の方が激しく痛むことがあります。

ひどい場合には急性すい炎も疑われます。

下腹部が急激に痛くなり、冷や汗が出て、吐き気があるときは、腸閉塞の可能性もあります。

徐々に痛みが強くなってくる病気には、虫垂炎、骨盤腹膜炎なども考えられます。

みぞおちが痛くなり、顔色が悪かったり、冷や汗が出るようなときには心筋梗塞や狭心症も考えられます。

女性の場合、下腹部が急に激しく痛くなり、顔色が悪くなると、子宮外妊娠も考えられます。

たんなる腹痛なら、市販の胃腸薬でOK

食欲があり、熱も出ていないようなちょっとした胃やおなかの痛みなら、ドラッグストアなどで売っている胃腸薬や痛み止めを飲めばほとんどの場合よくなるでしょう。

それでも、痛みが治まらない場合、
もしくは、発熱や激しい嘔吐、激しい下痢、体がだるいなど、ほかに症状があったり、
食中毒などなにか原因が考えられる胃の痛み、おなかの痛みがあるときは、内科を受診して、症状を詳しく説明し、検査を受けます。

-症状から探す