症状から探す

下腹部が痛い - 症状から病気を探す

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・月経前緊張症候群
・排卵痛
子宮筋腫
子宮内膜症
・卵巣腫瘍
・便秘

婦人科系の病気のことがある

下腹部とは、骨盤がある(おへその下)あたりをさします。

骨盤内には、子宮や卵巣、卵管などの女性器と膀胱や腸、尿管などの臓器があります。

ですから、生理中なら、生理痛のひとつと考えられますが、生理の時期以外で下腹部が痛いというと、さまざまな病気が考えられます。

もし、生理と生理の間の排卵日近くにシクシクと痛むようなら、排卵による腹痛が考えられます。

生理の数日前から痛む場合は、PMS(月経前緊張症候群)の可能性があります。

痛みがひどいときは、市販の痛み止めの薬を飲んでもよいでしょう。

ひどい子宮内膜症があると、生理の時以外にも、生理痛と同じような痛みがでることがあります。

まつたくちがう病気のこともある

しかし、必ずしも婦人科系の病気とはかぎりません。

下痢や嘔吐を伴えば腸炎、排便がなくて下腹部痛がひどいときは、便秘、排尿時に痛むと膀胱炎の可能性もあります。

その場合、痛み止めを飲めば治るというものではありません。

いずれにしても、一度検査をして、病気であれば、治療するようにします。

-症状から探す