症状から探す

肩こり – 症状から病気を探す

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・更年期障害
・四十肩、五十肩
・眼精疲労
・冷え性
・うつ

ほとんどの場合、肩の筋肉疲労

ほとんどの人が経験のある肩こりは、主に肩やその周辺の筋肉疲労が原因で起こります。

長時間同じ姿勢をとり続ける、冷房が効いた部屋に長時間いるなどしてからだが冷える、ストレスがかかる、眼鏡が合わなかったり長時間パソコンを見て目が疲れているなど、肩がこる原因はたくさんあります。

肩から背中にかけての筋肉がこわばったり、かたくなると、血行が悪くなります。

その結果、疲労物質や痛みを起こす物質が外に出ていかないために、こりゃ痛みがおこると考えられています。

これらがマッサージや湿布、入浴など、血行をよくすることでおさまるなら、心配はいりませんが、そうでない場合、首や肩の病気が原因のこともあります。

首や背中の骨は頚椎、胸椎といい、年とともに老化していきます。

老化現象のひとつとして、頚椎や胸椎の間にある椎間板に異常がおきると、初期症状として肩がこり、その後、椎間板ヘルニアになることがあります。

また、四十肩、五十肩など肩関節の病気も考えられます。

これらは、肩関節周囲の炎症が原因です。

こリ以外の不快感があつたら要注意

肩こりだけでなく、ほかの症状もあったら治療が必要な病気が考えられます。

のぼせたり生理不順もあるなら更年期障害、頭のうし受診します。

腰痛は、肥満や運動不足でもなることがあります。

ふだんからストレッチやウォーキングをするなどからだを動かして筋肉を鍛え、腰痛にならないようにすることも大切です。

-症状から探す