症状から探す

おりものの状態に異変がある – 症状から病気を探す

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・カンジダ膣炎 膣カンジダ症
性器クラミジア感染症
・トリコモナス腟炎 膣トリコモナス症
子宮頸がん
子宮腟部びらん
子宮頸管ポリープ

おりものの状態がおかしくなる原因

おりものとは、腔や子宮から出る分泌物のこと。

女性ホルモンと同じように、量や色などが周期的に変化します。

生理が終わると、半透明のおりものが出ます。

排卵が近づくにつれ、透明でサラッとしたものに変わり、量が増えます。

排卵日直前には糸をひくような感じに。

排卵後は、黄色がかった白色の粘りのあるおりものになり、量も減ります。

これまでより量が多い、茶色っぽい、ポロポロするおりものだったり、
外陰部がかゆかったり、痛かったりすると、ホルモンバランスの乱れ、抵抗力の低下、またはなんらかの病気が考えられます。

おりもののチェック項目

  • おりものの量が異常に多い
  • においがきつい
  • おりものに黄緑色や茶色、血液っぽい
  • ものが混じっている
  • 膿のような状態になっている
  • カスのようにポロポロしている
  • 清潔にするようにする

    できるだけ下半身を締め付けず、通気性のよい衣類に替えたり、おりものシートを利用して不快感を取りのぞくのがよいでしょう。

    それでも、変わらない場合は、婦人科を受診します。

    -症状から探す