症状から探す

生理がこない - 症状から病気を探す

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
生理不順(記事一覧)
・性器形成障害
卵巣機能不全
・摂食障害
・ストレス

原因は、ストレスやダイエット?

それまで生理がきていたのに、あるときからぴたりと生理が止まってしまうことがあります。

いちばん考えられる理由は妊娠です。

妊娠なら、何の問題もないのですが、妊娠していないのに、生理が止まってしまったときは、その原因をさぐり、生理が戻るようにしなければなりません。

原因としては、生理をコントロールする脳の視床下部や下垂体の機能低下、極端なダイエット、偏食、強いストレス、過激なスポーツによるものなどが考えられます。

生理がこないままにしていると、治療をしてもなかなか戻らないことがあります。

3か月以上生理がこない場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

18歳になっても一度も生理がこない

平均初潮年齢は12.3歳ですが、18歳になっても生理が一度もこない場合を原発性無月経といいます。

染色体異常による卵巣の発育不全や先天性の性器形成障害なども考えられます。

そのままにしていても治りません。早めに婦人科を受診しましょう。

-症状から探す