症状から探す

疲れ – 症状から病気を探す


病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・更年期障害
・うつ
・不眠症
・自律神経失調症
・膠原病

疲れがとれない原因

前日までの疲れが残っている、また疲れがとれないと感じるときは、ゆっくり休養する時間をつくり、睡眠時間をたっぷりとりましょう。

肉体的な疲労やちょっとしたストレスによるものなら、疲れがとれるはずです。

それでも疲れていると感じたら、心の病や、膠原病などの可能性があります。

うつや自律神経失調症などの心の病なら、なんとなくからだがだるい、気分がすぐれない、眠りが浅い、眠れないという症状も出てきます。

更年期障害なら、疲れがとれないだけでなく、ほてりやのぼせ、生理不順などもあります。

何週間も続くときは一度病院へ

疲れをためたままにしておくと、他の病気を発症することもあります。

また、肝臓や腎臓、心臓などに病気がひそんでいることも考えられます。

疲れがとれないときは、心療内科や精神科、内科を受診してみましょう。

更年期障害の場合には、婦人科で女性ホルモンを補充する治療などを受けると改善します。

-症状から探す