症状から探す

頭痛 – 症状から病気を探す

病気の症状から探す一覧

考えられる病気
・かぜ
・更年期障害
・貧血
・片頭痛
・うつ
・脳腫瘍

頭痛にはいくつかの種類がある

頭痛は、誰もが経験したことのある、つらい症状のひとつです。

大きな病気が原因である場合もありますが、かぜや睡眠不足、過労など、原因はさまざまです。

また、頭痛にはいくつかの種類があります。

かぜが原因の頭痛を除くと、頭痛全体の約50%を占めるのが、緊張型頭痛。

肩や首筋のこりが原因で起こり、頭全体が締め付けられるような重苦しい痛みがあります。

次に多いのが片頭痛で、脈拍に合わせてズキンズキンと痛みます。

これが頭痛全体の30%を占めます。

つまり緊張型頭痛と片頭痛で、頭痛の80%近くを占めることになります。

ですから、たいていの頭痛は、一次的なもので心配いりません。

ただし、頭痛は大きな病気の症状のひとつかもしれないことだけは、覚えておきましょう。

頭の痛み方によって病気もちがう

ひとくちに頭痛といっても、その痛み方はたくさんあります。

その痛み方によって、考えられる病気も変わってきます。

急に激痛に襲われたり、これまでに経験したことのないような痛みの場合は、脳出血やくも膜下出血、脳梗塞などが疑われます。

からだにしびれを感じるようなら、すぐに病院へ行きましょう。

痛みをなくすためには

頭痛がひどいようなら、市販の頭痛薬を飲んで痛みを鎮めます。

痛みが始まったら、早めに飲むのがポイントです。

痛みが定期的にくるようなら、その数日前から薬を飲むようにすれば、早めに痛みがおさえられるので、つらい症状に悩まされることはありません。

また、頭痛の原因がストレスの場合は、原因をできるだけ緩和することも必要です。

-症状から探す