「 女性精器のできもの・かゆみ・おりもの 」 一覧

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍・バルトリン腺のう腫

バルトリン腺は、セックス時に潤滑油のはたらきをしている分泌液をだす豆つぶ大の器官 ...

梅毒(ばいどく)

セックスによって、毒トレポネーマパリダムに感染して発症します。 症状 感染後3週 ...

尖圭コンジローマ(せんけいこんじろうま)G

性感染症のひとつで、外陰部、会陰、肛門のまわり、子宮頚部などに先のとがった小さな ...

性器ヘルペス(せいきへるぺす)

ヘルペスウィルスの感染によって、外陰部に米粒大の水泡ができ、これが破れて潰瘍をつ ...

子宮膣部びらん(しきゅうちつぶびらん)

子宮膣部といわれる子宮の入り口付近が、ただれたように赤く見える状態をいいます。 ...

淋菌感染症(りんきんかんせんしよう)

淋菌という細菌が腔、子宮頚部や体部、卵巣、卵管に感染して炎症を起こします。 性感 ...

性器クラミジア感染症(せいきくらみじあかんせんしょう)

クラミジアートラコマティスという病原体が、子宮の入り口(子宮頸管部)に感染して子 ...

萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)

加齢によって卵巣機能が低下するために、女性ホルモンの分泌がなくなり、腔の粘膜が萎 ...

非特異性膣炎(ひとくいせいちつえん)

大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌など、ふだんよく皮膚や腔内にいる菌が原因の腔炎をいい ...

膣トリコモナス症(ちつとりこもなすしょう)

性感染症のひとつで、トリコモナス原虫の感染によって起こります。 感染から数日で泡 ...