女性の病気Q&A

ホルモン補充療法はどんな療法?

女性の病気Q&A

ホルモン補充療法には多種類の療法がございます。

「ホルモン補充療法」というのは、加齢とともに卵巣の機能が低下していき自分の体では分泌されなくなった女性ホルモンを外から補充する治療法です。

これまで体を守っていた女性ホルモンが分泌されなくなったために起こるさまざまな不調は、人それぞれ。

もともとその人の弱い部分に症状が出ることが多いようです。

更年期医療に詳しい医療機関なら、このホルモン補充療法に積極的だと思いますが、まずは下調べしてから訪れたほうがいいでしょう。

この治療は、婦人科で行なっています。

患者さんからくわしい症状を聞き、採血からホルモン量などを調べ、子宮頸がん乳がんの検査などをした後、ホルモン不足と認められたらどんな治療方法ですすめていくかを医師と患者さんで相談します。

ホルモン補充療法には、飲み薬(経口剤)、注射、貼り薬(パッチ剤)、塗り薬(シェル剤)があります。

一般的によく使われているのは飲み薬と貼り薬です。

飲み薬は血液中に入って肝臓で代謝されますが、貼り薬は、飲み薬と違って肝臓に負担をかけることがないので、肝臓機能があまりよくない方でも使えます。

しかし、2日ごとにシール状のホルモン剤を貼るので、皮膚が弱い方はかぶれたり、かゆくなってしまうことがあります。

塗り薬は、そのような肌の弱い人に向いています。

ホルモン剤には、エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

更年期障害の改善のためだけならばエストロゲンを補うだけでいいと思えますが、子宮がある状態でエストロゲンのみを補いつづけると、子宮内膜が増殖して、子宮体がんのリスクが高くなってしまうという欠点があります。

そのため現在では、エストロゲンと一緒にプロゲステロンを併用することが必須になっています。

エストロゲンとプロゲステロンを両方配合した飲み薬もありますし、エストロゲンの飲み薬にパッチ剤を組み合わせて使ったりすることもあります。

医師と相談しながらごフイフスタイルに合わせ、薬による肝臓への影響が出ていないかを定期的にチェックしていきます。

-女性の病気Q&A