女性の病気Q&A

更年期障害に漢方薬がいいって本当?

女性の病気Q&A

ハイ。普段の養生や漢方療法で改善することができます。

西洋医学では、更年期障害は女性ホルモンの分泌の低下で起こると考えますので、女性ホルモン補充療法を行なったり、抗うつ剤や睡眠導入剤、精神安定剤などを処方します。

漢方では、更年期障害の原因は「腎虚=(下半身の筋力・血流低下)」と考えます。

卵巣は、閉経期になるまで排卵し、子宮内膜を増殖させるためにエストロゲンや黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌し、毎月妊娠に備えます。

妊娠が成立しなければ子宮内膜が剥がれて、生理が起きる。

卵巣と子宮はこの仕事を毎月行なうので、閉経期前の卵巣と子宮は血流が豊富でフル稼働で働いているのです。

しかし、卵巣と子宮が役目を終える閉経期を迎えると、フル稼働で働いていたときに比べて卵巣と子宮の血流は少なくなります。

卵巣と子宮は下半身に付いている臓器ですから、卵巣・子宮の血流が減る=下半身の血流が減るということなのです。

今まで下半身を流れていた血液が十分に流れなくなるということは、「頭熱足寒」になります。

つまり、上半身にばかり血液が集まってくるのです。

そのため、下半身が冷えるのに上半身がのぼせる「冷えのぼせ」、ホットフラッシュ、突然の発汗、動悸、イライラなどの症状が現れます。

また、血の異常である「血虚」や「淤血」を伴う場合が多く見られます。

また、漢方では上につき上がってくる症状を「昇症」と言いますが、これは下半身の血流が低下して、上半身に血液が集まってくるために起こります。

そのため、下半身をよく動かして血液を集めることが大切です。

更年期障害は腎虚の症状の一つですので、更年期障害の予防法も腎虚の予防法とほぽ同じになります。

閉経期を迎えても、更年期障害が軽い人やまったくない人がいます。

この人たちは普段からよく歩いていたり、定期的に運動をしていて、「頭寒足熱」の状態を保っている人たちです。

足腰を普段から鍛えている人は、更年期障害をはじめその他の体の不調は少ないはずですから、趣味としてでも今から運動することをオススメします。

-女性の病気Q&A